くらし情報『スノーピークの最上級グランピングフィールドが長野白馬村の北尾根高原に、標高1,200mで自然を満喫』

2019年7月8日 14:40

スノーピークの最上級グランピングフィールドが長野白馬村の北尾根高原に、標高1,200mで自然を満喫

を活用したスイートルーム宿泊棟1室の2種類を用意。

独立した宿泊棟には、それぞれ約100m²の広々としたウッドデッキが設置されており、プライベートが確保された空間で思う存分に自然を満喫出来る。宿泊は全8組16名限定、料金は7万円〜11万円で、ラグジュアリーリゾートホテルクラスのサービスが提供されるという。

地元食材を活かした食事&大自然を満喫するアクティビティ
気鋭の若手シェフが手掛ける食事は、自然豊かな地元長野産の肉や野菜を活かした創作料理と長野産ワインのペアリングを。食後には焚き火を囲みながらのアウトドアバーが楽しめる。

また、ご来光ツアーや森のトレイル、カヌーランチなど、スノーピーク監修による白馬ならではのオリジナルアクティビティの数々も用意されている。

施設情報
「スノーピークフィールドスイート 白馬・北尾根高原(Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN)」
オープン日:2019年7月13日(土)
住所:長野県北安曇郡白馬村北城 4487-4 八方尾根・北尾根高原内
運営会社:八方尾根開発株式会社
敷地面積:2856m²(北尾根高原全体は約15,000m²)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.