くらし情報『“その場で摘める”ハーブ×冷茶でノンアルカクテルを作れる「飲む植物園@東京茶寮」三軒茶屋で』

2019年7月20日 13:10

“その場で摘める”ハーブ×冷茶でノンアルカクテルを作れる「飲む植物園@東京茶寮」三軒茶屋で

“その場で摘める”ハーブ×冷茶でノンアルカクテルを作れる「飲む植物園@東京茶寮」三軒茶屋で

体験型アートイベント「飲む植物園@東京茶寮」が、東京・三軒茶屋のハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」にて開催。期間は、2019年8月1日(木)から4日(日)まで。

「飲む植物園」は、フラワーアーティストedalab.と、ドリンクディレクター・セキネトモイキによる体験型ドリンクケータリングイベント。期間中は、“茶室を現代に再解釈・再構築した”東京茶寮の店内が植物園に様変わり。展示の植物を摘み取ってオリジナルの煎茶モクテル(ノンアルコールドリンク)を作れるだけでなく、展示自体も変化していくのが特徴だ。

昨年に続き第2回目の開催となる今回は、入場料1.000円で、オリジナルの煎茶モクテル1杯を楽しむことが可能。まずは水のようにつるんとした飲み心地のデザートドリンク“レインドロップ”が入ったグラスに、3種から選べる好みの冷茶を1つセレクト。その次に、植物園で摘み取ったハーブや今回新登場となるエディブルフラワー(食用花)を、ハーブシロップと共にドリンクに合わせて完成だ。

さらにイベント開催中は、特別営業として夜中の24:00まで営業を延長。照明を落とした「植物園」は、昼間とは異なる幻想的なムードを楽しむことが出来るはず。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.