くらし情報『マーベル映画『ソー: ラブ・アンド・サンダー(原題)』ナタリー・ポートマンが“女性版ソー”に』

2019年7月25日 19:20

マーベル映画『ソー: ラブ・アンド・サンダー(原題)』ナタリー・ポートマンが“女性版ソー”に

マーベル映画『ソー: ラブ・アンド・サンダー(原題)』ナタリー・ポートマンが“女性版ソー”に

マーベル映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の続編、『ソー: ラブ・アンド・サンダー(原題)』が、2021年11月5日に全米公開される。

4作目は“女性版”ソーが誕生?!
神の国<アスガルド>出身の無敵の戦士・ソーを主人公にした「マイティ・ソー」シリーズが4作目に突入。作品自体はフェイズ4の位置づけとなる。アベンジャーズの主要メンバーとしてもこれまで活躍してきた彼だが、今回物語のスポットがあたるのは、なんとソーの恋人役として2作目まで出演したジェーン・フォスター。

“女性版・ソー”として、ソーにしか操れないはずのハンマー「ムジョルニア」を継承するサプライズな展開が待ち構えている。

メインキャスト
キャストは、これまでのシリーズでお馴染みの豪華な顔ぶれが揃う。ソー役にクリス・ヘムズワース、ジェーン・フォスター役にナタリー・ポートマンが続役。また『アベンジャーズ/エンドゲーム』を経て、<アスガルド>の新しい王位に就いた、テッサ・トンプソン演じるヴァルキリーの登場も決定している。

監督にタイカ・ワイティティ
監督を務めるのは、『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.