くらし情報『タチアナ・パルフェノワ 2020年春夏コレクション - “絵画”が物語る幼き頃の美しき思い出』

2019年10月17日 21:35

タチアナ・パルフェノワ 2020年春夏コレクション - “絵画”が物語る幼き頃の美しき思い出

タチアナ・パルフェノワ 2020年春夏コレクション - “絵画”が物語る幼き頃の美しき思い出

タチアナ・パルフェノワ(TATYANA PARFIONOVA)の2020年春夏コレクションが、)Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/S初日に発表された。

幼少期の思い出を着想源に
洋服の制作はもちろん、世界三大美術館の1つであるエルミタージュのプロジェクトへの参加や、映画の衣装制作など幅広い分野での活動を続けるタチアナ・パルフェノワ。初めてコレクション発表の場に東京を選んだ今回、デザイナーの子供の頃の思い出をインスピレーション源に、“水”や“川”、“黒トンボ”をキーワードに掲げた37パターンのドレスが展開された。

ドレスに浮かぶ“絵画”のような絵柄
始まりの合図と共にランウェイに現れたのは、まるで“絵画”のような美しいドレス。テキスタイルには、太陽の光を反射する水面を表現しているかのように、透き通るシースルーや、キラキラと輝くスパンコール、流れるようなシルク生地を自由にミックス。その上には水に浮かぶスゲやシダを手刺繍であしらって、うっとりとするような絵柄を完成させている。

思い出を物語るドレス
淡い水色が目を惹く膝丈のドレスは、白鳥の羽根のようになびく毛足の長いスリーブが印象的。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.