くらし情報『地図の博物館「ゼンリンミュージアム」福岡・北九州に誕生、厳選した国内外の地図や史料が集結』

2019年10月26日 12:10

地図の博物館「ゼンリンミュージアム」福岡・北九州に誕生、厳選した国内外の地図や史料が集結

地図の博物館「ゼンリンミュージアム」福岡・北九州に誕生、厳選した国内外の地図や史料が集結

地図の博物館「ゼンリンミュージアム」が、2020年6月6日(土)、福岡・北九州に開館する。

「ゼンリンミュージアム」国内外の地図&史料約120点が集結
「ゼンリンミュージアム」は、“世界と日本の歴史および、歴史を映し出す地図の紹介”というコンセプトの下、2019年11月15日(金)をもって閉館する「ゼンリン地図の資料館」の後継施設として誕生する博物館。

「ゼンリンミュージアム」では、「ゼンリン地図の資料館」に比べ展示面積と展示点数を大幅に拡大し、展示内容を一新。16世紀から19世紀に作られた西洋製の日本地図や、伊能図をはじめとする国内製の地図の変遷を、歴史と共に紹介していく。

展示品は、ゼンリンが収蔵する西洋古版日本地図コレクションの中から厳選した地図と史料120点余り。世界で1点しか見つかっていない、ブランクス/モレイラによる日本地図「日本図」をはじめ、リンスホーテンの「東アジア図」、ドンケルの「東インド諸島海図」など貴重なコレクションを公開する。

開館に先駆けた先行展示会も開催
なお、2019年12月上旬にリバーウォーク北九州デコシティにオープンする、地図をデザインした商品の専門店「マップ デザイン ギャラリー(Map Design Gallery)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.