くらし情報『森村泰昌「さまよえる私とは?」問う展覧会、原美術館で - マネの絵画や著名人に扮する映像&写真』

2019年12月14日 10:35

森村泰昌「さまよえる私とは?」問う展覧会、原美術館で - マネの絵画や著名人に扮する映像&写真

森村泰昌「さまよえる私とは?」問う展覧会、原美術館で - マネの絵画や著名人に扮する映像&写真

展覧会「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私」が、2020年1月25日(土)から4月12日(日)まで、東京・品川の原美術館にて開催される。

現代日本における「私」とは──
絵画や映画に現れる人物、あるいは歴史上の人物に扮したセルフポートレート作品で知られるアーティスト、森村泰昌。巧みなメイクや衣装により、時代や人種、さらには性別をも飛び越えた“自分”を演出してきた森村は、原作や背景に独自の解釈を加えるとともに、「私」とは何かという問いに一貫して取り組んできた。

「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私」で森村は日本近現代史と文化史にも目を向ける。第二次世界大戦後の日本では、戦前の考え方が否定され、西洋の価値観がその空白を埋めていった。そうしたなかで生まれ育った経験から「真理や価値、思想は、衣服のように自由に着替えられるもの」と思い至った森村が、約20点の作品を通して、現代日本における「私」とは何かという問いを投げかける。

映像作品&レクチャーパフォーマンス
会場では、2018年にニューヨークにて発表した映像作品《エゴオブスクラ》の再編集版を展示するとともに、この映像を用いた作家自身による“レクチャーパフォーマンス”を開催。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.