くらし情報『「ハクイ」“都市型映画”をイメージしたワークウエア、セピアカラーのブルゾンやエプロン』

2020年4月6日 14:10

「ハクイ」“都市型映画”をイメージしたワークウエア、セピアカラーのブルゾンやエプロン

「ハクイ」“都市型映画”をイメージしたワークウエア、セピアカラーのブルゾンやエプロン

小野塚秋良デザインのワーキングユニフォームブランド・ハクイ(HAKUÏ)の2020年新作「ハクイ 29」が、2020年4月8日(水)に発売される。

「ハクイ 29」では、「都市型映画を彩るコスチューム」をテーマに、シネマティックな飲食店向けユニフォームを展開。レストランやカフェ、バーなどの店内を、都市空間を切り取った映画の1場面に見立てて、働く人々の服装をコスチュームや舞台装置として捉えた。

カラーパレットは、古き良きムービーフィルムを彷彿させる、白、黒、ブラウンといった暖かみのあるセピアカラーがベース。そこに、ブルーやデニムカラーなど青系の色を効果的に差し込むことで、都会的な映画に取り入れられる「ブルース」のBGMのようにスタイリッシュなエッセンスを加える。

注目は、丈夫でほつれにくいリップストップ生地を採用したブルゾンやエプロンなど。もともと軍用・登山用ウエアなどに用いられていたリップストップ素材を薄く軽量化し、伸縮性を加えたオリジナル生地を用いている。動きやすく撥水性にも優れており、調理などの作業にぴったりな仕様となっている。また、携帯に便利なパッカブル仕様も嬉しいポイントだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.