くらし情報『東京国立博物館「博物館でアジアの旅 アジアのレジェンド」多彩な“伝説”にまつわる東洋美術の数々』

2020年8月22日 15:40

東京国立博物館「博物館でアジアの旅 アジアのレジェンド」多彩な“伝説”にまつわる東洋美術の数々

東京国立博物館「博物館でアジアの旅 アジアのレジェンド」多彩な“伝説”にまつわる東洋美術の数々

「博物館でアジアの旅 アジアのレジェンド」が、2020年9月8日(火)から10月11日(日)までの期間、東京国立博物館 東洋館で開催される。

「博物館でアジアの旅」2020年は“レジェンド”がテーマ
今回で7度目の開催となる「博物館でアジアの旅」。東洋の美術・工芸・考古遺物を展示する東京国立博物館の「東洋館」を舞台に、毎回テーマにちなんだ名品の数々を紹介する、東京国立博物館の毎年秋の恒例企画だ。

2020年のテーマは“レジェンド”。元々“伝説”という意味を持ち、近年では“偉人”や“殿堂入り”を果たした人物を指す際にも用いられる“レジェンド”という言葉にまつわるアジア各地の美術作品を3つの観点から紹介していく。東洋館の中に散在する“レジェンド”にちなんだ作品を鑑賞しながら、アジアを旅しているかのような気分を味わえそうだ。

レジェンドを表わしたもの
1つ目のカテゴリー「レジェンドを表したもの」としては、神話上の英雄や古代都市国家の領主など伝説的存在に関する作品を展示。インド神話のクリシュナを描いた絵画、ギリシャ神話のヘーラクレースの像などを鑑賞できる。

レジェンドが作ったもの
2つ目のカテゴリー「レジェンドが作ったもの」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.