くらし情報『「京都・東山花灯路-2021」東山地域で開催、二年坂やねねの道を彩る“灯り”と“花”の競演』

2020年12月4日 14:05

「京都・東山花灯路-2021」東山地域で開催、二年坂やねねの道を彩る“灯り”と“花”の競演

「京都・東山花灯路-2021」東山地域で開催、二年坂やねねの道を彩る“灯り”と“花”の競演

「京都・東山花灯路-2021」が、2021年3月5日(金)から3月14日(日)まで開催される。

東山の早春の風物詩「京都・東山花灯路-2021」
清水寺や八坂神社など、京都の代名詞的存在である寺院・神社が立ちならぶ東山地域。白壁と木々がおりなす陰影や、石畳や門前町に彩りを添える“灯り”など、そのまちなみからも、日本情緒を感じることができる。「東山花灯路」は、そんな京都観光に欠かせない場所、東山を舞台に開催される早春の風物詩だ。

ロームが灯す「灯りと花の路」
日本情緒豊かな陰影のある露地行灯の「灯り」が、思わず帆を思わず歩きたくなる路を演出。東山のシンボルともいえる法観寺(八坂の塔)までの散策路や、二年坂、八坂神社までの石畳を歩くねねの道は、最高のフォトスポットとなる。

また、「灯りと花の路」を華やかに彩るのが、ボリューム感のあるいけばな作品の数々。京都いけばな協会の協力のもと「灯りと花の路」沿いで「いけばなプロムナード」と「現代いけばな展」が行われ、大型花器によるいけばな作品の展示や、壮大な華の競演が繰り広げられる。

なお、同時期には、周辺寺院・神社の特別拝観やライトアップも実施予定。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.