くらし情報『クレージュ 2021年秋冬コレクション - ニコラス・デ・フェリーチェによる初シーズン』

2021年3月13日 19:25

クレージュ 2021年秋冬コレクション - ニコラス・デ・フェリーチェによる初シーズン

クレージュ 2021年秋冬コレクション - ニコラス・デ・フェリーチェによる初シーズン

クレージュ(courrèges)の2021年秋冬コレクションが発表された。

若き日のアンドレ・クレージュにオマージュ
今シーズンは、新アーティスティック・ディレクターに就任したニコラス・デ・フェリーチェによる初コレクション。彼は、バレンシアガ(BALENCIAGA)、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)、ディオール(DIOR)など、名だたるメゾンで経験を積んだ人物である。

ファーストコレクションのテーマに掲げたのは「I can feel your heartbeat」。メゾンの人気に火が付き始めた1960年代から70年代にかけてのコードをモダンにアレンジすることで、創業者アンドレ・クレージュにオマージュを捧げている。

ミニ・ルックやパンタロンルックを現代に
ファーストルックは、チェック柄のビッグコートから。これは、アンドレ・クレージュが1963年に発表したアーカイブ柄を再現したものだという。ランウェイに多数登場したミニスカートやフレアシルエットのパンツが、60年代に爆発的なブームを巻き起こした「ミニ・ルック」や「パンタロンルック」からインスパイアされているのも明解だ。

“カットアウト”から着想
1969年にメゾンが発表したカットアウトのテーマから着想し、ウエスト部分を大胆にくり抜いたミニワンピースや、ショルダー部分に複数のカッティングを施したトップスも登場。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.