くらし情報『アデリー 2021-22年秋冬コレクション - 花咲き誇るドレスに“ヒトメボレ”』

2021年3月19日 21:25

アデリー 2021-22年秋冬コレクション - 花咲き誇るドレスに“ヒトメボレ”

アデリー 2021-22年秋冬コレクション - 花咲き誇るドレスに“ヒトメボレ”

アデリー(ADELLY)は、2021-22年秋冬コレクションを「Rakuten Fashion Week Tokyo 2021 A/W」2日目の2021年3月16日(火)に表参道ヒルズ スペースオーにて発表した。初となるランウェイショーで掲げたテーマは「Love at first sight・ヒトメボレ」。

“見た瞬間に恋に落ちてしまいそう”なワードローブ
どこまでも広がる花畑を彷彿させる、フラワー調の華やかな香りが包み込む会場。スクリーンに次々と映し出されるエネルギッシュな花の写真をバックに、現れたモデルたちが纏ったのは“見た瞬間に恋に落ちてしまいそう”なドラマチックなワードローブだ。

フラワー刺繍が彩りを添えるワンピース
象徴的に取り入れられたのは、彩り豊かな“フラワーモチーフ”。透明感溢れるオーガンザを袖口にあしらったドレスには、本物の花のように細かく陰影を付けたフラワー刺繍をオン。オーガンジーのような生地で仕立てたワンピースには、花に付いた雫を思わせるラメ糸を織り交ぜながらピンクやブラウンの小花柄を刺繍した。

さらに、アシンメトリーな丈のドレスには、絵筆で描いたような色とりどりの花々をプリント。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.