くらし情報『京成バラ園の秋イベント、約1,000品種が咲き誇る庭園で「不思議の国のアリス」モチーフのお茶会』

2021年10月16日 19:35

京成バラ園の秋イベント、約1,000品種が咲き誇る庭園で「不思議の国のアリス」モチーフのお茶会

京成バラ園の秋イベント、約1,000品種が咲き誇る庭園で「不思議の国のアリス」モチーフのお茶会

関東最大級のバラ庭園・京成バラ園では、秋のシーズンイベント「オータム ローズ ガーデン パーティー」を、2021年10月8日(金)から11月23日(火・祝)まで開催する。

京成バラ園の秋イベント「オータム ローズ ガーデン パーティー」
秋バラが見頃を迎える10月中旬から11月上旬に合わせて開催される「オータム ローズ ガーデン パーティー」。一日中愉しめる豊かな香りを特徴とする秋バラ「アンコール ブルーム」をはじめ、約1,000品種7,000株のバラが咲き誇る園内では、バラにまつわる様々な企画が実施される。

「不思議の国のアリス」をモチーフにしたお茶会が初開催
中でも特に注目したいのは、ルイス・キャロルの名作「不思議の国のアリス」の世界観をモチーフにしたお茶会「リザーブド・ローズテーブル」。三方バラに囲まれたオープンエアな屋外特設会場に、わずか10cmの至近距離でバラを眺めることができる特等席を設置。バラの香りに包まれながら、フルーツの名店「銀座千疋屋」が今回のイベントのために制作した新作フルーツタルトや、カップの中で花が開く「バラの紅茶」などの特別メニューが楽しめる。

執事が参加ゲストをエスコート
イベント期間中は、夢を追いかける若手声優や劇団員たちが執事に扮して登場。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.