くらし情報『リーボック×ブラックアイパッチの“デリバリーサービス”着想スニーカー、梱包材カラーや配送ロゴを採用』

2021年12月25日 11:55

リーボック×ブラックアイパッチの“デリバリーサービス”着想スニーカー、梱包材カラーや配送ロゴを採用

リーボック×ブラックアイパッチの“デリバリーサービス”着想スニーカー、梱包材カラーや配送ロゴを採用

リーボック(Reebok)は、ブラックアイパッチ(BlackEyePatch)とのコラボレーションコレクション「リーボック デザインド バイ ブラックアイパッチ(Reebok DESIGNED by BlackEyePatch)」より、「ジーエル 3000(GL 3000)」と「シーエル レガシー エーゼット(CL LEGACY AZ)」をベースにしたユニセックススニーカーを発売。2021年12月27日(月)よりリーボックストア 渋谷ほかにて取り扱う。

“デリバリーサービス”がテーマの新作スニーカー
今や東京のストリートファッションをけん引する存在となったブラックアイパッチとのコラボレーションによる「リーボック デザインド バイ ブラックアイパッチ」。新作となるスニーカーは、2021年9月に発売されたウェアと同じく“デリバリーサービス”をテーマに、配送関連のデザインからインスパイアされたグラフィックとカラーリングが特徴だ。

1970年代から1980年代の“レトロランニング”をコンセプトに掲げ、2021年秋冬シーズンより登場したスニーカー「ジーエル 3000」をベースとするスニーカーには、ガムテープや段ボールといった梱包資材からインスパイアされたベージュやブラウンのカラーリングをセレクトした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.