くらし情報『牧場の柵にしがみついているコアラ 何をしているのかと思ったら…?』

牧場の柵にしがみついているコアラ 何をしているのかと思ったら…?

と、深いぬかるみに足をとられながらも、なんとか無事にコアラを保護しました。

メルシーと名付けられたメスのコアラは、かなり疲れ切っていましたが、幸いケガはしていなかったとのこと。

現在は保護施設で葉っぱをよく食べて、体力も回復してきています。


このFacebookの投稿には「かわいそうに。怖かっただろうね」「無事でよかった」などの声が上がっています。

メルさんは「親切なアンソニーさんとロビンさんが知らせてくれたことに、とても感謝しています」とつづっています。メルシーがどのくらいの時間、あの支柱にしがみついていたのかは分かりませんが、アンソニーさんたちが発見してから保護するまで少なくとも2時間は経っていたといいます。

もしそのまま誰にも気付かれなかったら、最悪の結果になっていたかもしれません。


メルシーは2週間ほど施設で世話をされた後、野生に帰されるということです。

アンソニーさんたちが異変を見逃さなかったおかげで、メルシーは助けてもらえて本当によかったですね。

[文・構成/grape編集部]

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.