くらし情報『ツバメの巣を外敵から守っていた人間 その結果、思ったことは…』

2020年8月8日 18:29

ツバメの巣を外敵から守っていた人間 その結果、思ったことは…

ツバメの巣を外敵から守っていた人間 その結果、思ったことは…

渡り鳥であり、春になると日本にやってくるツバメ。

夏頃になると泥や枯れ草を集めて器用に巣を作り、日本にいる間は子育てに励みます。

ツバメの巣を外敵から守っていた人間 その結果、思ったことは…

※写真はイメージ

大鳥(@Otori0704)さんの家にも、ある日ツバメの巣ができていたのだとか。

仕事をする部屋の窓から巣が見えるため、心優しい大鳥さんはツバメの世話を焼いてあげる機会が多くなり…。

ツバメの巣を外敵から守っていた人間 その結果、思ったことは…

ツバメの巣を外敵から守ったり、ヒナを救助したりと、ツバメを手助けしていた大鳥さん。「もしかしてツバメたちは、自分のことを便利な巨大生物だと思っているのでは…?」と感じているのだとか。

ちなみに、ツバメが人間の建築物に巣を作ることが多い理由として「猫やヘビ、ほかの鳥たちから人間に巣を守ってもらうため」という説もあるようです。

大鳥さんが感じたことは事実であり、ツバメたちは大鳥さんのことを頼れるガードマンだと思って信頼していたのかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.