くらし情報『おいしい!味が濃い!歯応えもしっかり残せるブロッコリーの茹で方とは』

2021年2月28日 23:00

おいしい!味が濃い!歯応えもしっかり残せるブロッコリーの茹で方とは

おいしい!味が濃い!歯応えもしっかり残せるブロッコリーの茹で方とは

ブロッコリーを茹でる時、茎までしっかり火を通さねば…と思うばかりに、茹ですぎてしまうことはありませんか。時には、茹で上がりの水をきっていたら、ブロッコリーが粉々に砕けているなんてことも…。

今回は、簡単で失敗知らず!ブロッコリーのおいしい茹で方に挑戦しました。

いつもはグツグツ茹でているブロッコリーですが、今回は少量の水で蒸しています。この方法なら、水っぽくなることはありませんし、お湯を沸かす時間が不要なので時短にもなりますね。

おいしい!味が濃い!歯応えもしっかり残せるブロッコリーの茹で方とは

用意するのは5mmほどの高さまで水を入れたフライパンとアルミホイル。

その上にブロッコリーを並べます。軽く塩をふっておくと、下味がつくのでおすすめです。

おいしい!味が濃い!歯応えもしっかり残せるブロッコリーの茹で方とは

あとはフタをし、強火で加熱スタート。水が沸騰し蓋が曇ったら、中火にして3~4分蒸せば出来上がりです。

ブロッコリーの旨味が水に溶け出さないので、心なしか味が濃いような気も…。何より、ブロッコリーの蕾の部分がベチャっとせず、歯応えがしっかり残ります。

おいしい!味が濃い!歯応えもしっかり残せるブロッコリーの茹で方とは

お弁当やダイエットなど、さまざまなシーンで引っ張りだこのブロッコリー。

茹でずに蒸す方法をぜひお試しください。

[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.