くらし情報『サンシャイン水族館「新クラゲエリア続々オープン!」』

2020年7月12日 11:00

サンシャイン水族館「新クラゲエリア続々オープン!」

今月オープンしたばかりのクラゲエリアの巨大パノラマ水槽。

今月オープンしたばかりのクラゲエリアの巨大パノラマ水槽。



水中をゆったり浮遊するクラゲたち。今月、人気水族館に新クラゲエリアが続々とオープン!

ここ、東京・池袋のサンシャイン水族館の新エリア「海月空感(くらげくうかん)」では、横幅約14メートルの巨大パノラマ水槽に約1,500匹のミズクラゲが視界いっぱいに広がる。

「クラゲ本来の色を見せるため、ライトはあえてカラフルなものにせず、白で統一。海中にいるような気分を味わえるような演出をしています」(水族館担当者)

クラゲは体がほぼ水分でできているため傷つきやすく、実はとても繊細。クラゲ担当の飼育員さんに、知られざるクラゲトリビアを聞いちゃいました。

■死ぬと水に溶ける

体の95〜98%が水分で、ゼラチン質でできているクラゲ。寿命が近づくと動きが鈍り、体はどんどんしぼんで水に溶けてなくなる。

■寿命は1年……

直径1ミリくらいの赤ちゃんクラゲは、浮遊生活を始めて1〜2カ月で大人のクラゲの姿に成長するが、ここから数カ月で寿命を迎える。

■脳も心臓もない!

神経が通っているが、脳や心臓はない。リズミカルな収縮運動“拍動”が心臓のような役割を果たし、全身に酸素や栄養を循環させる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.