くらし情報『残り物には福がある 売れ残りスクラッチくじから1千万円が』

2021年3月19日 11:00

残り物には福がある 売れ残りスクラッチくじから1千万円が

(販売員・岡本淳子さん)

同じく大阪府「大阪駅前第2ビルラッキーセンター」(大阪市北区梅田1-2-2)の高橋祐惠店長は、スクラッチ1等1,000万円の大当たりを2回、目撃している。

「1回目は6年前。閉店間際に、2枚だけ売れ残っていたスクラッチを常連のお客さんが『残り福やから』と買ってくれたんです。その場で削ったら1,000万円。鳥肌が立ちました」

2回目は、今年1月の「ワンピーススクラッチ」だ。

「売り場に、縁起物の黒いおじぎ猫を置いて、毎日、当たりが出るように、開店前に、すべてのくじをその頭でこすっていたんです。そしたら、その日、ワンピースファンという若いカップルが200枚のスクラッチを大量買いしてくれて。当たってくれたらいいなと思ったら、なんと1等1,000万円の大当たり。おじぎ猫さんの御利益だと思ってます」(高橋店長)

「女性自身」2021年3月23日・30日合併号 掲載

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.