くらし情報『4,630万円分の振込先をフロッピーでやり取り…誤送金の新人職員に相次ぐ同情の声』

2022年5月20日 15:50

4,630万円分の振込先をフロッピーでやり取り…誤送金の新人職員に相次ぐ同情の声

4,630万円分の振込先をフロッピーでやり取り…誤送金の新人職員に相次ぐ同情の声


山口県阿武町が、誤って振り込んでしまった4,630万円の返還を求めていた問題。口座の所有者である田口翔容疑者(24)が5月18日、電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕された。そんななか、ネットでは事件の別の側面が話題を呼んでいる。

ことの発端は4月8日、同町役場の職員が新型コロナ関連の給付金を振り込んだことだった。対象となった全世帯分の給付金4,630万円を職員が、田口容疑者の口座に全額振り込んでしまったのだ。阿武町側が返還を求めたところ、なんと田口容疑者は拒否。そのため問題は警察が動くまでの事態に発展した。

田口容疑者が逮捕されたのは、4,630万円が誤って入金されたものだと知りながらも、スマートフォンを使って決済代行業者の口座に400万円を振り込み、不法に利益を得た疑いがあるためだ。各メディアによると、田口容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

いっぽう現在、送金を担当した“町の職員”にも注目が集まっている。まず今月7日、『週刊女性PRIME』はこの職員のことを「今年4月に採用になったばかりの新人職員」といい、「しかし上司が二重、三重にチェックしていなかった」と役場の体制について伝えていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.