くらし情報『内部告発者が身バレの『23』、山添がつまようじを直差しの『ラヴィット』ともに謝罪ナシ…TBSの“ガン無視”に批判続出』

内部告発者が身バレの『23』、山添がつまようじを直差しの『ラヴィット』ともに謝罪ナシ…TBSの“ガン無視”に批判続出

(写真:時事通信)

(写真:時事通信)



5月2日に放送された『ラヴィット!』(TBS系)で、お笑い芸人・相席スタートの山添寛(37)が唐揚げを食べるのに使用した爪楊枝をまた別の唐揚げに直接刺したことで、“マナーが悪い”と物議を醸した問題。3日の放送ではこの件に触れることはなかった。

問題視されているのは、韓国の市場での食べ歩きシーン。山添は唐揚げを食べるのに利用していた爪楊枝を、店頭に置かれた別の唐揚げに直接刺し、口に運んだのだ。一緒にロケに参加していた3時のヒロイン・福田麻貴(34)や若槻千夏(38)が「ダメダメダメダメ」「それはマナー悪い」と制したが、「ラヴィットヨ、ラヴィッソヨ」と“美味しい”を意味する韓国語と番組名を交えたギャグを笑顔で返すのみだった。

しかしこのことについて、翌3日の放送で特に言及はなかった。山添の不衛生なマナーは問題ないということなのか――。

「生放送後、TVerでの配信では、この部分はカットされています。
TBS側も“問題があった”という認識なのでしょう」(スポーツ紙記者)

同じTBSの『news23』でも、不適切な報道が行われたと「週刊現代」が5月1日に報じた。

「同じTBSの『news23』にJAの元職員・Aさんが自身の職場で横行していた“自爆営業”を告発したところ、事前に映像を確認させてもらうという約束を破られたそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.