くらし情報『綾瀬はるか「リボルバー式の銃は重たいので、腕がプルプル」』

2023年7月29日 06:00

綾瀬はるか「リボルバー式の銃は重たいので、腕がプルプル」

(撮影:井上ユミコ)

(撮影:井上ユミコ)



「もともとは暗殺者として活躍した女性が、花街で銘酒屋のオーナーをしているという設定が面白いと思いました。クールでカッコいい人ですが、実は母性が強くて、優しさも併せ持っているところが魅力的です」

そう話すのは、8月11日公開の映画『リボルバー・リリー』で主人公・小曾根百合を演じている綾瀬はるか(38)。大正時代の東京を舞台に、元諜報員の百合が一人の少年を守るために陸軍兵と対峙する姿が描かれる。

これまでも数々の作品で抜群の身体能力を披露してきたが、本作では1カ月以上のトレーニングに励み、ほぼ吹き替えなしで本格的なガンアクションや激しい格闘シーンに挑んだ。

「銃を使ったアクションはあまり経験がなかったので、とにかく、構えはスナイパーらしく、弾の装塡も手慣れた感じで見せられるように練習しました。リボルバー式の銃は結構重いので握力を使うんですよ。撮影中、腕はプルプルしてくるし、手にまめができちゃって(笑)」

この作品のために髪を切った綾瀬は、華やかなワンピースに身を包み、大正時代のモダンガールを華麗に演じた。

「戦いに行くにも身だしなみは大事だと言って、腕をあらわに敵陣に向かっていく百合には、正直、エ~ッ!?って思いましたけど、カッコいいですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2023 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.