くらし情報『オンライン・アートプロジェクト「AICHI⇆ONLINE」開催中! 山下敦弘監督作『ランブラーズ2』やアーティストたちのドキュメンタリー公開』

2021年3月6日 12:00

オンライン・アートプロジェクト「AICHI⇆ONLINE」開催中! 山下敦弘監督作『ランブラーズ2』やアーティストたちのドキュメンタリー公開

短編映画『ランブラーズ2』


新型コロナウイルス感染症拡大により、創作活動に影響を受けたアーティストや企画者などに新作の制作を依頼し、ウェブサイトを通じてオンライン配信するオンライン・アートプロジェクト「AICHI⇆ONLINE」が開催中だ。

すでに公開されているのは、映画『リンダ リンダ リンダ』や『苦役列車』、『もらとりあむ タマ子』、近年はドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』など独自の作家性を保ちながら、様々な題材で意欲的に作品を発表し続けている愛知県生まれの映画監督・山下敦弘の最新作『ランブラーズ2』。本作は、2003年に公開された山下監督の初期代表作である映画『リアリズムの宿』の主人公たちの17年後を描いた短編映画だ。

共通の友人であり俳優だった加地が亡くなり、監督の木下(山本浩司)、脚本家の坪井(長塚圭史)、俳優の船木(山本剛史)は東京から加地の地元へと向かう。お通夜に参列した3人は、知らない町で居酒屋、スナックへとはしごをするも加地の死に対してどう向き合えばいいのか分からない。翌日、加地の実家に行くことになった彼らは妹の順子から、加地宛てに届いたファンレターを渡される。それは韓国の若い女の子から届いた手紙で、亡くなる前に加地が何度も読み返していたらしい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.