くらし情報『国内初の大会も! 全日本空手道連盟が6月に注目の3大会を開催』

2022年6月1日 18:00

国内初の大会も! 全日本空手道連盟が6月に注目の3大会を開催

過去の試合の模様


(公財)全日本空手道連盟は今月に3大会を開催。今週末4日(土)には「第18回全日本パラ空手道競技大会」が行われ、11日(土)と12日(土)には「第1回全日本空手道体重別選手権大会」が、18日(土)と19日(土)には「第1回全日本空手道団体形選手権大会(予選)」が開催される。

「全日本パラ空手道競技大会」は、過去17回にわたって「全日本障がい者空手道競技大会」の名前で開催されてきたもの。今大会より名称が変更になり、東京武道館で行われる。

「全日本空手道体重別選手権大会」は、国内初の組手体重別個人戦で、オリンピアンの植草歩、宮原美穂、佐合尚人、西村拳らも出場。また12日(日)には「荒賀龍太郎引退セレモニー」も行われる。

そして国内初となる団体形の全国大会「全日本空手道団体形選手権大会」の予選が18日(土)から2日間に渡って開催。決勝戦と3位決定戦は、7月22日(金)に東京港区のメルパルクホールで実施される。

第18回全日本パラ空手道競技大会
6月4日(土)東京武道館

第1回全日本空手道体重別選手権大会
6月11日(土)、12日(日)高崎アリーナ

第1回全日本空手道団体形選手権大会(予選)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.