くらし情報『岡田将生、倉科カナら演じる家族の姿が 舞台『ガラスの動物園』ビジュアル公開』

2021年7月5日 16:33

岡田将生、倉科カナら演じる家族の姿が 舞台『ガラスの動物園』ビジュアル公開

『ガラスの動物園』ビジュアル


舞台『ガラスの動物園』が、シアタークリエで12月に上演される。この度、本舞台のビジュアル、公演情報があわせて発表された。

『ガラスの動物園』は、劇作家テネシー・ウィリアムズの出世作。1945年のブロードウェイでの初演以降、世界中で上演され、国や時代を超えて愛され続けてきた、アメリカの名作戯曲のひとつだ。

一家の家計を支えるため、倉庫で働き、閉塞感のある毎日を送っている、トム・ウィングフィールド役を演じるのは、岡田将生。文学青年で、いつか父親のように町を出ていくことを夢見ているが、母と姉を見捨てるわけにはいかず、自分の身勝手さに葛藤し続ける。また、物語全体の語り部としての役割も担う。

トムの姉、ローラ・ウィングフィールドを演じるのは、倉科カナ。子供の頃の病気によって残った脚の障害が大きなコンプレックスとなり、極度に内向的で、孤立する癖がついてしまっている。ガラス細工のコレクションを「ガラスの動物園」と呼び、とても大切にしている。

竪山隼太が演じるのは、トムの職場の同僚で、ローラが思いを寄せる人物ジム・オコナー。トムに夕食に招待され、ウィングフィールド家を訪れる。そして麻実れいが、家族を愛するあまり、叶わぬ夢や妄想が彼女の日常を支配している、トムとローラの母親アマンダ・ウィングフィールドを演じる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.