くらし情報『京都市京セラ美術館、リニューアルオープン日が決定! まずは京都府民限定の事前予約制』

2020年5月22日 10:00

京都市京セラ美術館、リニューアルオープン日が決定! まずは京都府民限定の事前予約制

京都市京セラ美術館 「コレクションルーム 春期」展示風景 撮影:福永一夫


今年2020年3月にリニューアルオープン予定だったが、新型コロナウイルスの影響により開館延期となっていた「京都市京セラ美術館」。ついに5月26日(火)から、京都府民に限り、展覧会ごとの事前予約制で見ることができる。

5月26日から観覧できるのは、本館南回廊1階の「コレクションルーム 春期」と、新たにオープンする新館「東山キューブ」での「杉本博司 瑠璃の浄土」のふたつの展覧会だ。

「コレクションルーム」とは、美術館が収集してきた、3700点を超える近代以降の京都の美術作品から構成された展示室のこと。季節に合わせて、年4回の展示替えが行われる。5月26日〜 6月21日(日)は春期の展示となる。京都画壇、近代から現代と時代を超えて、日本画、油彩画、彫刻など幅広い作品が並び、見ごたえたっぷり。なお、夏期展示は、6月25日(木)の開始を予定している。

開館記念展「杉本博司 瑠璃の浄土」は、5月26日~10月4日(日)まで開かれる。これまで杉本は、世界的に評価の高い、高度な技術とコンセプトに基づいた作品を発表してきた。この展覧会では「京都」「浄土」「瑠璃―硝子」をキーワードにした作品や、杉本が蒐集する考古遺物等を見ることができる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.