くらし情報『仲野太賀の熱い叫びを折坂悠太の主題歌と楽曲が盛り上げる 『泣く子はいねぇが』予告映像公開』

2020年10月9日 08:00

仲野太賀の熱い叫びを折坂悠太の主題歌と楽曲が盛り上げる 『泣く子はいねぇが』予告映像公開

『泣く子はいねぇが』 (c)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会

(c)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会



第68回サン・セバスティアン国際映画祭で最優秀撮影賞を受賞した、仲野太賀主演映画『泣く子はいねぇが』が、11月20日(金)より全国公開される。この度、本作の予告映像が公開された。

サン・セバスティアン国際映画祭に続き、シカゴ国際映画祭や東京フィルメックスのコンペティションへの正式出品も決まっている本作は、監督・脚本・編集の佐藤快磨が、秋田県・男鹿半島の伝統文化男鹿のナマハゲから、“父親としての責任”、“人としての道徳”というテーマを見出した完全オリジナル作品。親になることからも、大人になることからも逃げてしまった主人公が、過去の過ちと向き合い、不器用ながらも青年から大人へ成長する姿を描く。

仲野が演じるのは、大人として、そして父親としての自覚も曖昧な主人公たすく。そして妻ことね役の吉岡里帆、親友の志波役の寛一郎に加え、山中崇、余貴美子、柳葉敏郎といった俳優が集結した。

予告で映し出されるのは、子供が生まれてもなお父親の自覚がないたすくの姿。育児に疲れ果てた妻のことねから「なーんにも考えてないでしょ」と突き放され、返す言葉もない。男鹿の伝統行事「ナマハゲ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.