くらし情報『フレッシュなカンパニーが描く2020年版『RENT』本日開幕』

2020年11月2日 07:00

フレッシュなカンパニーが描く2020年版『RENT』本日開幕

『RENT』メインビジュアル Photo by Leslie Kee

Photo by Leslie Kee



プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』を下敷きに、舞台を現代のニューヨークに置き換えて“今を生きる”若者たちの姿を描くミュージカル『RENT』。1996年にオフ・ブロードウェイで産声を上げた作品は、瞬く間に人気を博してオン・ブロードウェイに進出し、2008年まで足かけ13年にわたるロングランを達成した。日本では1998年に初めて上演され、2008年からは東宝が2~3年おきに上演。東宝主催となって6演目となる公演が、本日11月2日(月)にシアタークリエで開幕する。

『オペラ座の怪人』『レ・ミゼラブル』のようにそもそも“時代劇”として製作された作品、あるいは『キャッツ』『ウィキッド』のようなファンタジー要素の強い作品と違って、『RENT』は初演当時の“今”を描く。そのため時が経てば経つほど時代遅れになっていく、ある種の宿命を背負っているはずだが、日本版は公演のたびにオーディションを開催して新キャストを投入することで、作品の鮮度を保ち続けてきた。今年のキャストにも、“満を持して”感のある実力派からミュージカル界のニューフェイスまで、興味深い顔ぶれが並ぶ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.