くらし情報『ナショナル・ボード・オブ・レビュー作品賞に『Licorice Pizza』』

2021年12月3日 14:00

ナショナル・ボード・オブ・レビュー作品賞に『Licorice Pizza』

ぴあ海外ニュース


ナショナル・ボード・オブ・レビューが、今年の最優秀映画に『Licorice Pizza』を選出した。

今作では、ほかにポール・トーマス・アンダーソンが監督賞、主演のアラナ・ハイムとクーパー・ホフマンがブレイクスルー・パフォーマンス賞を受賞している。主演男優賞は『ドリームプラン』のウィル・スミス。この映画でスミスの妻役を演じたアーンジャニュー・エリスは助演女優賞を受賞。主演女優賞は『ウエスト・サイド・ストーリー』のレイチェル・ぜグラー、助演男優賞は『Belfast』のシアラン・ヒンズ。脚本賞は『A Hero』アスガー・ファルハディ、外国語映画賞も同作品。脚色賞は『The Tragedy of Macbeth』のジョエル・コーエン、アニメーション賞は『ミラベルと魔法だらけの家』だった。

また、今年のトップ作品には、『Belfast』『ドント・ルック・アップ』『DUNE/デューン 砂の惑星』『ドリームプラン』『最後の決闘裁判』『ナイトメア・アリー』『Red Rocket』『The Tragedy of Macbeth』『ウエスト・サイド・ストーリー』が選ばれた。

このアワードシーズンで有力とされる『パワー・オブ・ザ・ドッグ』や、先日ゴッサム賞を4部門で受賞したばかりの『The Last Daughter』は、まったく入らなかった。

文=猿渡由紀

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.