くらし情報『年末年始の読書におすすめ!井原忠政著『三河雑兵心得』シリーズ(双葉文庫)が宝島社「この時代小説がすごい!2022」文庫書下ろしランキング1位に選出!』

2021年12月22日 09:00

年末年始の読書におすすめ!井原忠政著『三河雑兵心得』シリーズ(双葉文庫)が宝島社「この時代小説がすごい!2022」文庫書下ろしランキング1位に選出!

年末年始の読書におすすめ!井原忠政著『三河雑兵心得』シリーズ(双葉文庫)が宝島社「この時代小説がすごい!2022」文庫書下ろしランキング1位に選出!


宝島社から6年ぶりに出版された時代小説のランキングガイドブック「この時代小説がすごい!2022年版」の文庫書下ろし時代小説ランキングにて、井原忠政さん著『三河雑兵心得』シリーズ(双葉文庫)が1位を獲得しました。同ランキングは、書店員や書評家など、時代小説の目利きの方が本当に面白い時代小説を選んでいます。
『三河雑兵心得』シリーズは、2020年2月に『足軽仁義』からスタートし『旗指足軽仁義』、『足軽小頭仁義』、『弓組寄騎仁義』、『砦番仁義』、 『鉄砲大将仁義』、『伊賀越仁義』と現在シリーズ7作目まで発行、シリーズ累計50万部を超えました。
戦国時代の三河を舞台に、喧嘩のはずみで村を飛び出し、松平家康の家臣である夏目次郎左衛門に拾われて、新米足軽となった17歳の茂兵衛が、浅井・朝倉攻めや甲斐・武田信玄との戦い、長篠の戦いを経て、一隊を率いる身分と出世していく姿を描いた物語です。

脚本家から時代小説作家へと幅を広げて活躍中

著者の井原氏は、2000年に脚本家としてデビューした後、2016年に時代小説を発表。翌年には第6回歴史時代作家クラブ新人賞を受賞。脚本家として鍛えたストーリーテラーの能力を時代小説でもいかんなく発揮、様々な物語を世に送り出しています。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.