くらし情報『2019年夏は「真面目に、ハンサムかぶれ。」』

2019年6月18日 17:55

2019年夏は「真面目に、ハンサムかぶれ。」

そのスタイリングサンプルも貴重だし、私はコレって決めてる感じが何だかハンサム。春らしいパリッとしたトップスやスカート。遊び心はふんだんだけど全く嫌味にならないって素晴らしい。あ、スニーカーのトリコロール色はご愛嬌。

遊んだ開衿ワンピース
2019年夏は「真面目に、ハンサムかぶれ。」
シャツワンピース¥58,000 / JAN MACHENHAUER ※参考色(メイデン・カンパニー)、パンツ¥44,000 / ENGINEERED GARMENTS(エンジニアド ガーメンツ)、サンダル¥9,500 / TEVA FOR MHL(アングローバル)、その他 スタイリスト私物
「私だけの、オープンカラー。シャツワンピースで着るの巻」開襟シャツは数あれど、デザイン性の高い開襟シャツがかなり気になる。美しく構築された襟元、ハリと光沢のあるコットンポプリン生地、一目で分かる〈JAN MACHENHAUER〉のシャツワンピースの特別感。それもそのはず最高峰のインドのテーラーが1人1着で全て仕立てているそう。つまりハンサムを独占できるってこと。一枚ですとんと着ても素敵。大人っぽくね。

onkul vol.11より

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.