くらし情報『映画『神様なんかくそくらえ』主演女優が語る』

2015年12月22日 10:50

映画『神様なんかくそくらえ』主演女優が語る

映画『神様なんかくそくらえ』主演女優が語る
ニューヨークで路上生活していた経験のあるアリエル・ホームズの実体験を基にした映画『神様なんかくそくらえ』が今週末から公開になる。映画では自身の分身ともいうべきハーリー役を演じたホームズは、本作が初の演技だったが、「カメラの前で緊張することはなかった」という。

その他の写真

本作で彼女はドラッグに溺れながら、路上生活を送り、恋人イリヤに依存している女性ハーリーを演じている。その破滅的な人生や、強烈なドラマは衝撃的だが、ここに描かれていることはすべて彼女の実体験が基になっている。「母がドラッグユーザーで、ドラッグのために私の面倒を見られなかったのです。10歳までは、おじとおばに面倒をみてもらっていました。母親が精神病とアルコール中毒にもなり、狂気に陥ってしまって本当に大変でした。16歳でイリヤと出会って、それからレイヴをやりはじめました。マンハッタンとニュージャージーを行き来して、イリヤや、今でも良い友人のベンにも会って、レイヴカルチャーを楽しんでいたのですが、住んでいたアパートが焼けてしまって、自分たちで生計が立てられなくなってしまいました。そうして、路上生活をするようになったのです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.