くらし情報『梅芸新緞帳お披露目に湖月わたる、朝海ひかるが登場』

2015年7月15日 15:56

梅芸新緞帳お披露目に湖月わたる、朝海ひかるが登場

梅芸新緞帳お披露目に湖月わたる、朝海ひかるが登場
10周年を迎えた梅田芸術劇場が、メインホールの緞帳を新調した。1992年に「劇場飛天」という名で開場して以来初となる。緞帳贈呈式撮影会には、梅田芸術劇場所属のアーティスト、元宝塚トップスターの湖月わたる朝海ひかるが出席。劇場のシンボルともいうべき新しい緞帳の前に立ち、その大きさ優美さをかみしめながら挨拶を行った。

梅田芸術劇場開催公演チケット情報

大阪の中心地、梅田・茶屋町にある梅田芸術劇場メインホール。全1905席の客席を有する大きなホールながら、3階席まで舞台との一体感があり、ここから多くの名作が届けられた。ミュージカルや演劇だけでなく、オーケストラによるクラシックコンサートやオペラを上演できる最新の音響設備も備えている。

新たな緞帳は西陣本綴錦織(にしじんほんつづれにしきおり)による豪華なもので、コンセプトは「Over the Dream」。湖月わたるは、「この梅田芸術劇場に相応しい“夢”と“情熱”を感じる緞帳で、とても感動しました」とコメント。朝海ひかるは、「鮮やかで繊細な色使いは、一枚の絵画を見ているようです。『Over the Dream』というネーミングも素敵で、お客様を夢の彼方へつれて行ってくれると思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.