くらし情報『陳内将、戸谷公人、遠藤舞が語る方南ぐみ『片想い』』

2016年1月21日 17:00

陳内将、戸谷公人、遠藤舞が語る方南ぐみ『片想い』

陳内将、戸谷公人、遠藤舞が語る方南ぐみ『片想い』
樫田正剛率いる劇団方南ぐみの企画公演『片想い』が、2月に俳優座劇場にて上演される。

方南ぐみ企画公演『片想い』チケット情報

本作は、太平洋戦争下に閉園した名古屋の動物園が舞台。「猛獣処分」の名のもとに動物の殺処分が次々と進められている中で、軍の命令を一度は聞いたものの、それ以降はのらりくわりとかわしている動物園に、陸軍大尉が派遣されるところから物語が始まる。

今回、主演であり動物園に派遣された陸軍大尉を演じる陳内将、耳の聞こえない恋人がいる若く純粋な動物園飼育員を演じる戸谷公人、動物園に避難してきた癖のある音楽教師を演じる遠藤舞に話を聞いた。

稽古は、「13時から21時、ほとんど休憩もなく稽古をしています」(陳内)、「休憩はあるんですけど、その間に役者同士で話し合いを進めるので結局休んでないっていう(笑)」(遠藤)と大変そうだが楽し気な面々。キャスト10人中6人が方南ぐみ初参加と言うが、「初な感じがなぜかしない。若いチームでご飯に行ったりしてます」(戸谷)と笑顔。

樫田の演出について、「ここは絶対っていう部分はすごくこだわるし、でも、泳がせてくれる部分もあるので、自分で攻められるところは攻めてます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.