くらし情報『最先端の体験型演劇が南座で開幕、新たな楽しみ方の誕生』

2020年1月30日 15:45

最先端の体験型演劇が南座で開幕、新たな楽しみ方の誕生

イマーシブシアター『サクラヒメ』~「桜姫東文章」より~

イマーシブシアター『サクラヒメ』~「桜姫東文章」より~


歌舞伎上演400年の歴史を持つ京都・南座が、今、ニューヨークなどで注目の“イマーシブシアター”と呼ぶ新たなスタイルの演劇を開催中だ。それが、イマーシブシアター『サクラヒメ』~「桜姫東文章」より~。南座1階の観客席を取り払い、客席エリアと舞台面を同じ高さにして一体化、2階3階をも含む広い空間を使って大胆に繰り広げるエンタテインメントだ。1月24日に開幕した初日、2階席下手(舞台に向かって左側)から体験した。

イマーシブシアター『サクラヒメ』 ~「桜姫東文章」より~チケット情報

その昔、決められた結婚に異を唱え、自らの想い人と心中した白菊。のちに花魁・サクラヒメとして転生した彼女が、前世の愛しい相手との再会を願い、見つけ出すという物語で、歌舞伎の『桜姫東文章』をもとにした新作だ。サクラヒメの前に現れる5人の男たちの中から運命の人を選ぶのは観客。そのため、物語は5種類のマルチエンディングが用意されている。

1階は移動型体験エリア。1階入場者は荷物を預け、黒い法被を身に着けて“都人”となり、江戸の町を歩きながら物語の中に入り込む。2階・3階の客席エリアで着席観賞する観客は、“雲上人”となって物語を俯瞰し、運命の人を裁決(投票)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.