くらし情報『タイの庶民の味!バンコクで人気のカオムーデーン専門店』

2015年8月15日 07:11

タイの庶民の味!バンコクで人気のカオムーデーン専門店

タイの庶民の味!バンコクで人気のカオムーデーン専門店


タイの屋台や庶民的な食堂で食べることができるタイ料理というと、パッタイ、カオマンガイなどのメニューを思い浮かべる方が多いと思いますが、今回ご紹介するカオムーデーンもタイの庶民の味としては外せない一品です。今回はフアランポーンエリアにある、ローカルに大人気のカオムーデーンの老舗をご紹介します。

創業以来変わらぬ味が自慢の店「Si Morakot(シー・モーラコット)」
今回ご紹介する「Si Morakot(シー・モーラコット)」があるのはバンコク最古のターミナル駅「フアランポーン駅」の近く、庶民的な飲食店が立ち並ぶ通りに面しています。

タイの庶民の味!バンコクで人気のカオムーデーン専門店


どのお店もお昼時は大変賑わっていますが、ひときわ人だかりができているのが、今回ご紹介するお店。緑色の外観が目印です。

タイの庶民の味!バンコクで人気のカオムーデーン専門店


お店がこちらの通りに開店したのは1977年とのこと。創業以来の変わらぬ味が人気の秘密のようです。店内で食べていくお客さんのほか、持ち帰り用にカオムーデーンを購入するお客さんがどんどん来店します。

タイの庶民の味!バンコクで人気のカオムーデーン専門店


甘いタレが特徴の「タイ式焼き豚のせご飯」
カオムーデーンはタイ語で「カオ」=「ご飯」、「ムー」=「豚」、「デーン」=「赤」という意味になり、日本語にするならば「タイ式焼き豚のせご飯」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.