くらし情報『バンコクのWホテル敷地内に佇むコロニアル建築レストランでランチ』

2016年2月7日 08:30

バンコクのWホテル敷地内に佇むコロニアル建築レストランでランチ

先日、友人のバースデーをお祝いするために、Wホテルの敷地内にある素敵なレストランに行って来ました!

コロニアルな建物が目を引くレストラン「The house on Sathorn」
バンコクのWホテル敷地内に佇むコロニアル建築レストランでランチ


色合いがとっても可愛らしいコロニアル建築は、なんと築126年。BTSサトーン駅からも少し見えるので、この建物を見かけたことがある方も多いはずです。

バンコクのWホテル敷地内に佇むコロニアル建築レストランでランチ


店内は落ち着いた空間で、中庭ではアフタヌーンティーが楽しめます。

バンコクのWホテル敷地内に佇むコロニアル建築レストランでランチ


ランチコースは2種類

ランチコースは、前菜+メイン+デザートの中から2種選ぶことのできる「2コース」(720バーツ=約2,400円※税金、サービス料別)、と3種選ぶことのできる「3コース」(920バーツ=約3,000円※税金、サービス料別)の2つ。私達は3コースにしました。

バンコクのWホテル敷地内に佇むコロニアル建築レストランでランチ


前菜は3種あり、今回選んだのは蟹のカッペリーニパスタ(写真右)。キャビアがのっていて、塩味であっさりめ。蟹肉もたっぷりです。

バンコクのWホテル敷地内に佇むコロニアル建築レストランでランチ


メインは、お魚とお肉、ベジタリアン対応の3種類が用意されています。メインの魚料理は銀ダラのグリル(写真左)。銀ダラの下にトマトやズッキーニが重なっていてヨーグルトソースでかなりボリュームがあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.