くらし情報『店員「6万4千円の弁償です」母親「はああ!?」⇒スーパーで走り回る子どもを『放置する』母親…まさかの事態に発展!!』

店員「6万4千円の弁償です」母親「はああ!?」⇒スーパーで走り回る子どもを『放置する』母親…まさかの事態に発展!!

店員「6万4千円の弁償です」母親「はああ!?」⇒スーパーで走り回る子どもを『放置する』母親…まさかの事態に発展!!


皆さんは、マナーの悪い客に悩んでしまったことはありますか? 今回は「スーパー」にまつわる物語とともに、そんなときの対処法をアンケートをもとに紹介します。

イラスト:モナ・リザの戯言スーパーで子どもを放置する母親主人公は、スーパーで働いています。スーパーで走り回る子どもを放置する母親に、主人公はとても悩まされていました。子どもは、走り回ったり店の商品で遊んだりやりたい放題です。母親に注意しても「そちらにも責任がある」などと言って聞く耳を持ってくれません。しかし、母親は主人公が働くスーパーが気に入ったようで…。何度もやってきては、子どもたちを放置し被害を拡大させるのです。ある日、走り回った子どもが陳列棚にぶつかり8本のワインが割れてしまいました。
これ以上見過ごせないと感じた店長は、母親に弁償を求めます。
店員「6万4千円の弁償です」母親「はああ!?」⇒スーパーで走り回る子どもを『放置する』母親…まさかの事態に発展!!
出典:モナ・リザの戯言「割れたワインの合計は6万4千円です」と値段を伝えると…。母親は「はああ!?」と悪びれる様子もなく、反論してきました。母親の態度に、堪忍袋の緒が切れた店長。「これまでの被害分も合計しますか?15万円となります」と言い放ちます。それを聞いた母親はしぶしぶ最初に提示された金額を払うのでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.