くらし情報『サーチライト搭載ドローンを用いた光探索の実証実験を実施!可変QRコード再帰性反射製品を楽天市場で普及・販売開始』

2021年11月30日 10:30

サーチライト搭載ドローンを用いた光探索の実証実験を実施!可変QRコード再帰性反射製品を楽天市場で普及・販売開始

NPO法人光探索協会(大阪府大阪市、理事長:前田 佳伸)は、サーチライト搭載ドローンによる光探索システムと可変QRコード再帰性反射ウェアを用いた要救助者の位置特定の実証実験を実施しています。この可変QRコードウェアは登山情報(写真やメッセージ)を自由に書き換えることが可能であり、電子版の入山届の役目をし、その情報はNPO法人のサーバーに蓄積されます。遭難時には有効な情報になるとともに、サーチライト搭載のドローンを用いた光探索システムで発見確率が高まります。この可変QRコード再帰性反射製品を楽天市場で販売して、光探索システムの普及展開を図ります。

【光探索システムとは】
再帰性反射材という入射した光を入射方向に高精度に再反射するマテリアルで印刷されたアイテムに、光を照射して山岳遭難者や迷子を探索するシステムです。一般的に再帰性反射材は高速道路の標識や夜間に目立つテープ状反射材としても使用されています。その再帰性反射材に特別な可変QRコードを付加することによって、個別識別を可能としています。この可変QRコードは登録情報(写真、メッセージや連絡先)を自由に書き換えすることができることから、メッセージとして記入された登山情報は遭難時に大変有効な情報になります。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.