くらし情報『コロナ2年目でさらにニーズが高まる屋外レジャー新しい旅のカタチ「車泊(くるまはく)」は2021年も人気継続で予約件数が2倍に』

2022年1月7日 14:00

コロナ2年目でさらにニーズが高まる屋外レジャー新しい旅のカタチ「車泊(くるまはく)」は2021年も人気継続で予約件数が2倍に

九州周遊観光活性化コンソーシアム(代表機関:トラストパーク株式会社 本 社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:山川 修)が運営する「車泊(くるまはく)」の事業は、コロナ禍2年目となった2021年度の実績で、軒先パーキングのプラットフォームにおいて前年同期比で予約件数、取扱高ともに2倍、前前年同期比では予約件数、取扱高ともに4倍とさらにその利用は拡大を続け、大変好評をいただいておりますことをご報告申し上げます。

コロナ2年目でさらにニーズが高まる屋外レジャー新しい旅のカタチ「車泊(くるまはく)」は2021年も人気継続で予約件数が2倍に

※車泊は総務省「IoT サービス創出支援事業」シェアリングエコノミー型九州周遊観光サービスモデルの実証事業です。(動画:https://www.soumu.go.jp/midika-iot/project/373/)

【車泊人気続伸の背景】

日本で新型コロナウィルスの感染の報告がされてから約2年、ワクチン接種も進み明るい光が少しずつ見えてきた感がありますが、完全な収束には依然として至っておりません。観光業においても、厳しい状況が続いております。
こうした中、自家用車やキャンピングカーを利活用した車泊(くるまはく)は、遠出や密を避けて楽しめるレジャーとして、大変好評をいただいております。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.