くらし情報『中国・四川省が余剰水力発電によるグリーン水素製造プロジェクトを本格始動 日本のパートナー企業の募集を開始』

2022年5月31日 10:30

中国・四川省が余剰水力発電によるグリーン水素製造プロジェクトを本格始動 日本のパートナー企業の募集を開始

三国志の聖地、美食の都、中国を代表する観光地として知られる四川省は、水力、天然ガス、風力、太陽光などのエネルギー資源が豊富な地域で、水力による発電においては中国一の規模を誇っています。

中国・四川省が余剰水力発電によるグリーン水素製造プロジェクトを本格始動 日本のパートナー企業の募集を開始

経済成長が著しい四川省の首都・成都市。大型商業施設や金融機関、ハイテク産業関連企業などが集まる

近年、水力発電の能力が需要を上回り、非効率な利用が懸念されています。そのような状況下で、安価な水力発電を利用して水素を製造することはたいへん有意義な選択肢のひとつです。四川省、成都市は、ともに水素エネルギー産業発展計画を発表し、開発・製造および普及を強化する方針を示しており、国内外の企業が水素エネルギー関連産業に参入するのに非常に良い環境が整っています。

中国・四川省が余剰水力発電によるグリーン水素製造プロジェクトを本格始動 日本のパートナー企業の募集を開始

四川省では、水素エネルギーを燃料とする燃料電池車や燃料電池などの開発・製造・普及事業が積極的に進められている

GSEO(GREEN&SMART ENERGY ORGANIZATION)は、2021年5月に中国で開催され、日本の有力企業も多数参加した水素エネルギー会議に続き、“CH2Now”プラットフォームの構築を進めています。このプラットフォームでは、GSEOの幅広いネットワークを活用し、政府、大手エネルギー企業、水素エネルギー・燃料電池・自動車メーカー、投資銀行、研究機関などと協力して水素エネルギー事業に取り組んでいます。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.