くらし情報『ユニ・チャーム、「マレーシア工場」「スリシティ工場」に太陽光発電設備を導入』

ユニ・チャーム、「マレーシア工場」「スリシティ工場」に太陽光発電設備を導入

ユニ・チャーム株式会社(代表取締役 社長執行役員:高原豪久)は、マレーシアの現地法人製造子会社であるDSG (Malaysia) Sdn. Bhdのマレーシア工場と、インド現地法人であるUnicharm India Private Limitedのスリシティ工場において、太陽光発電設備を導入しましたのでお知らせします。この太陽光発電設備の導入により、マレーシア工場(2022年12月下旬導入)では年間218万kWh、スリシティ工場(2023年1月下旬導入)では年間863万kWhを発電し、CO2排出量を二つの工場合計で年間約8,480トン削減します。

ユニ・チャームグループの海外工場における再生可能電力※の導入は、ブラジル、タイ、ベトナム、アメリカ、中国、インドネシアに続く7例目、8例目となります。なお、日本国内ではユニ・チャーム株式会社の伊丹工場、埼玉工場、三重工場、ユニ・チャームプロダクツ株式会社の九州工場、四国工場、ペパーレット株式会社の静岡県内三つの工場で導入済みです。
このような取り組みにより、ユニ・チャームグループの工場から排出される二酸化炭素は年間約52,480トン削減できる見込みです。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.