くらし情報『マレーシア政府観光局 日本で初のアジア・ゴルフ・ツーリズム・コンベンション(AGTC)に参加』

マレーシア政府観光局 日本で初のアジア・ゴルフ・ツーリズム・コンベンション(AGTC)に参加

マレーシア政府観光局は、世界のゴルフ業界友好団体とのネットワーク関係を再構築するため、2023年3月14日から16日まで、宮崎県のシーガイアコンベンションセンターで開催される「アジアゴルフツーリズムコンベンション(AGTC)2023」に参加します。

AGTCへの参加は、日本だけでなく、世界中のゴルフ業界関係者と再びつながる絶好の機会です。マレーシア政府観光局は、海外のゴルフバイヤーとの交流に加え、ゴルフパッケージの販売を専門とする日本の主要代理店とのミーティングも行います。このミーティングは、マレーシアの観光産業の最新動向を伝えるプラットフォームとして活用される予定です。

AGTC 2023には、マレーシア政府観光局本部商品開発部門のシニアデピュティディレクター、スライマン・スイップのほか、ザ・エルス・クラブ・デサル・コースト、ダリット・ベイ・ゴルフ&カントリークラブ、サウジャナ・ゴルフ・リゾート、セニボン・ゴルフクラブ、リバティ・ゴルフ・サービスなど、マレーシアのゴルフ業界の有力企業が参加します。

マレーシアには、9ホールから36ホールまで148のゴルフコースがあります。年間約800万ラウンドのプレーが可能で、約4億5千万リンギット(約135億円)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.