くらし情報『【偏に】はなんて読む?読めそうで読めない常識漢字』

【偏に】はなんて読む?読めそうで読めない常識漢字

目次

・「偏に」はなんて読む?
・正解は…
【偏に】はなんて読む?読めそうで読めない常識漢字


これなんて読むの!?と驚くような難読漢字や、よく使うのに意外と読めない常識漢字…あなたも漢字クイズにレッツトライ!

「偏に」はなんて読む?

「偏に」という漢字の読み方は分かりますか?偏見の偏という漢字ですが、「へんに」とは読みません。この言葉は読み方も使い方も間違えられやすいので、ぜひ覚えましょう。いったいなんて読むのでしょうか。正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

【偏に】はなんて読む?読めそうで読めない常識漢字


正解は…

正解は「ひとえに」でした!

「偏」という一字で「ひとえ」と読むのが難しいところ。偏にの意味は「その行為に徹するさま」と「理由・原因がそれに尽きること」の2つの意味があります。ビジネスシーンでは後者の意味で使うことがほとんどです。例えば、「偏に〜様のおかげです」という使い方で感謝の気持ちを伝えられます。意味もあわせて覚えましょう。みなさんは分かりましたか?家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)
関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.