恋愛情報『彼氏がいても「なぜか淋しい」と感じる女子の問題点』

2019年9月4日 14:45

彼氏がいても「なぜか淋しい」と感じる女子の問題点

彼氏がいてもなぜか淋しいと感じる女子と、そんなことなどまったく感じない女子がいます。

感じる女子は「漠然とした淋しさを取り除きたいと、人知れずもがいている人」で、感じない女子は「そもそも漠然とした淋しさを感じたことのない人」です。

さて、彼氏がいても淋しい女子は、彼氏がどんなに尽くしてくれても、「なぜか」心から幸せと言えない自分に葛藤しているはずです。

その葛藤の原因とは?

また、漠然とした淋しさは、どうすれば消えてなくなってくれるのか?について、今回は一緒に見ていきたいと思います。

彼氏がいても「なぜか淋しい」と感じる女子の問題点


■ 漠然とした淋しさの原因1:じつは「使命」を知っているから

たとえば、法事なんかのときに、お坊さんが「人はみな使命をもって生まれてきます。その使命をまっとうすることが大切です」と言うのを聞いたことのある人もいると思います。

漠然とした淋しさを抱えている人は、自分が持たされている使命に「なんとなく」気づいているものの、その使命に従って生きていない(なんらかの事情が生きられなくさせている)。だから漠然と淋しいのだ―――哲学者キルケゴールの名著『死に至る病』は、わたしたちにこう教えます。

たとえば、20歳くらいで、嬉々として自分の職業を決定し、その仕事を10年も20年も楽しそうに続ける人っていますよね?

そういう人は、若くしてなぜか自分が持って生まれた使命を知っているのです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.