恋愛情報『いつも恋が実らない…「片思い」で終わることが多い原因』

2021年4月11日 20:00

いつも恋が実らない…「片思い」で終わることが多い原因

好きな男性はできるものの、どうしてもいつも片思いのままで終わってしまう……。

そういった場合には、恋愛への考え方やアプローチの方法に、何か問題があるのかもしれません。

そこで今回は、「片思い」で終わることが多い原因を紹介します。

いつも恋が実らない…「片思い」で終わることが多い原因


■ ずっと「待ちの姿勢」

好きな男性から告白をされたいという思いは、誰しもが持つものでしょう。

だからといって、ただ待ち続けているだけでは、ふたりの関係性に何も変化は起こらないはず。

近づいてみたり、話しかけてみたり、仲良くしようとしてみたり、好意を示してみたり……。

大きなアプローチはできないにしても、多少の行動は自ら起こさないと、いつまでもあなたの存在を男性に意識してもらえないままですよ。

■ すぐ「悪い方向」に考える

片思いをしているときは、どうしても不安要素が大きくなり、ネガティブ思考になりやすいです。

ちょっとしたことで、「嫌われているかもしれない」とか「ほかに好きな女の子がいるんだ」などと考えてしまうもの。

そして、そんな風に悪い方向へ考えることで、恐怖心から踏み込むことができなくなり、男性との距離が一向に縮まらなくなるのです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.