恋愛情報『思わず不機嫌に…男性が「女性に言われるとイラっとする言葉」とは』

2021年8月13日 08:15

思わず不機嫌に…男性が「女性に言われるとイラっとする言葉」とは

ただ、話を聞いてほしかっただけなんですけどね」(25歳/営業職)

男性の悩みを聞いているときなどに、相手に理解を示したい気持ちから「男の人ってそういうところがあるよね~」と共感の言葉を言ったことはありませんか?

「あなたの気持ちはよく分かる」という意味かもしれませんが、男性からしてみれば「男じゃないくせになにがわかるんだ!」と余計に不機嫌になる可能性も。

もし男性が落ち込んでいた場合は、主語を大きくするのではなく、彼自身にフォーカスを当てた声掛けをしてあげましょう。

「あなたならできるって信じてる!」と行動に対しての信頼性を言葉にすると、彼も気分が楽になるかもしれません。

■ 「どうせ私なんか……」

「卑下した言い方をされると、毎回『そんなことないよ』とフォローしないといけないので面倒くさい。ましてや、それが彼女だと余計イラっとしてしまいそう」(27歳/介護職)

男性と話している最中に「私なんか……」と控えめな言い方をすることもあると思います。たまにならいいですが、口癖のように「どうせ、私なんか……」と自己肯定感が低い発言を連発していると、男性も「またか」とイラっとしてしまうでしょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.