恋愛情報『別れに繋がる…やってはいけない「ケンカの仕方」とは?』

2021年10月21日 14:45

別れに繋がる…やってはいけない「ケンカの仕方」とは?

どんなに仲良しカップルでも、一緒にいる時間が長くなるとケンカになることもあるでしょう。

でも、そこでケンカの仕方を間違えると、取り返しのつかないことになるケースも……。

そこで今回は、やってはいけない「ケンカの仕方」をご紹介します。

別れに繋がる…やってはいけない「ケンカの仕方」とは?


■ 「過去の不満」を責める

ケンカすると、カッとなって「あのときも〇〇だったじゃん!」と過去の不満を持ち出す女性もいるでしょう。

ただ、こうなると男性のなかには、話の内容がごちゃごちゃでわけが分からなくなり、ケンカを放棄したくなる人もいます。

すると、ケンカの根本的な解決に至らず、何度も大きなケンカを繰り返す原因になりかねません。

うっかり口から漏れてしまうこともありますから、意識的に「過去の不満」を持ち出さないようにするのがベターです。

■ 「極端なこと」ばかり言う

頭に血がのぼると、思わず極端な発言をしてしまいがち。

たとえば「私たち別れたほうがいいかもね」「全部私が悪いんでしょ」など。

そんなことを言われたら、男性としては、もうお手上げ状態になるだけです。

そこで同じように極端なことを言う男性なら、勢いで別れてしまいかねません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.