恋愛情報『死すら覚悟した…正直やめて欲しい「嫁姑エピソード」3選』

2017年11月26日 19:15

死すら覚悟した…正直やめて欲しい「嫁姑エピソード」3選

結婚をすれば、嫁姑問題は避けられないところ。どんなに仲が良くても、何かしらの気苦労はあるでしょう。なかには壮絶な死闘を繰り広げている方々もいます。果たしてその現実を知っても、結婚に踏み出せますか?今回は、“死すら覚悟した嫁姑エピソード”をご紹介するので、参考にしてみてください。

文・塚田牧夫

猫アレルギーなのに猫を飼わされた

目次

・猫アレルギーなのに猫を飼わされた
・マラソンに強制参加
・自慢しすぎて近所から白い目で見られる
死すら覚悟した…正直やめて欲しい「嫁姑エピソード」3選


「姑が猫好きで、家で四匹飼ってるんです。実は私は猫アレルギーなんですが、たまに会うぶんには問題ないので、そのことは黙っていました。

姑は里親募集などにも積極的に協力している人で、殺処分されそうな猫の引き取り手を探したりもしていました。

そしてある日、どうしても引き取り手の見付からない猫を、私たちのところに連れてきたんです。“可哀想だから飼ってあげて”と。

一応飼ってはいますけど、世話はほとんど主人に任せています。死にたくないですから。とにかく、これ以上連れてこないことを願っています」アヤメ(仮名)/30歳

マラソンに強制参加

死すら覚悟した…正直やめて欲しい「嫁姑エピソード」3選


「姑の趣味がジョギングということは知っていました。“健康的でいいですね”と褒めていたら、あるとき誘われてしまったんです。

仕方なく一緒に走ったんですが、距離が長い。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.