恋愛情報『透けて見える肌にドキッ… 男性が「彼女を独占したくなった」瞬間4つ』

2021年4月18日 19:45

透けて見える肌にドキッ… 男性が「彼女を独占したくなった」瞬間4つ

相手のことを好きなあまり、ときには「独り占めしたい」と思ってしまうこともあるかもしれませんね。では、男性はどういったときにそう感じるのでしょうか。今回は、“彼女を独占したくなった瞬間”について男性たちに聞いてみました。

シースルーの服を着ていて…

目次

・シースルーの服を着ていて…
・本人がいないところで褒められて…
・必死に辛いものを食べる姿に
・願いごとに「世界平和」と書いて…
透けて見える肌にドキッ… 男性が「彼女を独占したくなった」瞬間4つ


「春になり暖かくなってきたので、彼女とピクニックをしたんですね。芝生の上にシートを敷いて、お弁当を食べていました。すると、だんだん陽も出てきたので、彼女がコートを脱いだんです。

そうしたら、ブラウスがシースルーのようになっていて、うっすらとですが肌が透けて見えました。思わずドキっとしてしまい、ほかの男性には見せたくないと思いました」ユズル(仮名)/29歳

手持ちのアイテムのなかに、シースルーのロングシャツなどを持っている人もいるでしょう。こういった少し色気を感じられる服装に、思わず“ほかの異性の目に触れさせたくない”と感じたようです。

本人がいないところで褒められて…

「友だち数人で集まって、話をしていたんですね。その場で、みんな1~2度は会ったことがある“僕の彼女の話”になりました。

するとみんな口々に、“本当に、いい人だよね”と褒めるんです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.