恋愛情報『「恋人にフラれやすい」性格が判明!?あなたはどっち?…【ディグラム・キハラ恋愛研究所 Vol.9】』

「恋人にフラれやすい」性格が判明!?あなたはどっち?…【ディグラム・キハラ恋愛研究所 Vol.9】

2018年3月14日 11:45
 

関連リンク

・こんなハズじゃ…(泣)男が彼女と付き合って「後悔したコト」って?
・彼氏いらなそうだよね!”女”として見られない「友達止まりな女性」の特徴4つ
・イケメン好きはいいけど、イケメンのクズを好きになったら苦労する
「恋人にフラれやすい」性格が判明!?あなたはどっち?…【ディグラム・キハラ恋愛研究所 Vol.9】

テレビ・雑誌などメディアでも話題の性格診断「ディグラム」がココロニプロロに登場!
「ディグラム」の考案者・木原誠太郎さんが「恋愛を科学する」をキーワードに、男心分析や恋愛ノウハウをご紹介!

3月14日はホワイトデー。恋人と素敵な時間を過ごす人がいる一方、バレンタインに撃沈した人や、何もしなかった人にとってはイマイチ盛り上がらない日だったりしますね。そこで今回は、甘い恋のお話よりも、ちょっとほろ苦い「男女の別れ」にまつわるデータをご紹介します。

■恋人をフる、フラれる、どっちが多い?

どうも、ディグラム・キハラです!
最近は冬の寒さも和らぎ、春めいてきましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

春は「出会いの季節」と言われますが、その反面、「別れの季節」でもあります。別れがあるから新しい出会いもある。一方、新しい出会いがあるからこそ、別れがある。

そんなわけで、今回のテーマは「男女の別れ」です。

カップルが破局を迎えるとき、必ず男女のどちらからか「別れよう」と切り出すわけですが、果たしてそれはどっちからのほうが多いんでしょうか?

そこで、今回はこんなデータをご紹介。

ピックアップしたのは、2016年12月に実施した、全国の20~59歳の男女20,000人を対象としたアンケートデータです。
年齢の構成比は以下の通りです。

「恋人をフるほうが多い?それともフラれるほうが多い?」です!

ピックアップしたのは、2016年12月に、全国の20~59歳の男女20,000人を対象にしたアンケートデータです。
年齢の構成比は以下の通りです。

【男性】
20代:2,383人 / 30代:3,053人 / 40代:3,309人 / 50代:1,407人
【女性】
20代:2,271人 / 30代:2,950人 / 40代:3,228人 / 50代:1,399人

質問は、「恋人をフるほうが多い」と「恋人にフラれるほうが多い」の2択回答から選んでもらいました。気になる結果はどうだったでしょうか!

「恋人にフラれやすい」性格が判明!?あなたはどっち?…【ディグラム・キハラ恋愛研究所 Vol.9】


まず、全国平均でみると、「恋人をフるほうが多い」のは39%!これに対して「恋人にフラれるほうが多い」が61%でした!予想はしていましたが、「フラれる人」のほうが比率的には多いんですね・・・。モテる一部の男女がどんどんパートナーを交換していくので結果、フラれる人が多いのかもしれません。

そもそも男女の人口数は同じではないですし、そこに「パートナーがほかに好きな人ができた」「浮気された」などといった要素を加味していくと、結果として「相手を泣かす人」よりも「自分が泣かされる人」のほうが多くなってしまうのかもしれないですね。

では、年代別ではなにか違いはあるのでしょうか?

「恋人にフラれやすい」性格が判明!?あなたはどっち?…【ディグラム・キハラ恋愛研究所 Vol.9】


「恋人にフラれやすい」性格が判明!?あなたはどっち?…【ディグラム・キハラ恋愛研究所 Vol.9】


「恋人にフラれやすい」性格が判明!?あなたはどっち?…【ディグラム・キハラ恋愛研究所 Vol.9】


男女別に見てみますと、何と男性の7割が「恋人にフラれることが多い」と回答しています。逆に、女性の場合は、「フるほうだ」と「フラれるほうだ」の割合は、ほぼ半々。男性の方が泣かされるケースが多いようです。

やはり女性のほうが現実的な上、コミュニケーションにおいて敏感だから見込みのない男性にはさっさと見切りをつけることが多いのかもしれませんね。「いやいや、男性が不甲斐ないのが悪い」という意見も聞こえてきそうですが・・・(笑)

また、年齢別で見てみると、男性は年齢が上がるほどに「フラれることが多い」と回答しています。一方、女性は「フるほうが多い」と答えた人は50代が一番多いという結果に。

普段の恋愛においても、男性が女性を追いかける・・・という印象が強いですが、データ上でも、恋愛においてはやっぱり女性のほうが有利なんですね。こればかりはもう世の常としか言いようがありませんが、女性のみなさん、本当にお手柔らかにお願いします・・・!

■ディグラム波形ランキング

さて、続いては恒例のディグラム波形ランキングをご紹介します。今回は「恋人をフるほうが多い波形」と「恋人にフラれるほうが多い波形」ランキングをご紹介します!

【「恋人をフるほうが多い」波形ランキング】

「恋人にフラれやすい」性格が判明!?あなたはどっち?…【ディグラム・キハラ恋愛研究所 Vol.9】


◎男女ともに2位、台形型3の性格は…
男女ともに「恋人をフるほうが多い」波形の第2位は台形型3で、性格を一言で表すと、計算高い快楽主義者です。自分の欲望に対して素直な人で、恋愛に対して肉食系。気になる人ができたらすぐにアプローチします。コミュニケーション力が高く、モテるので、自分に本命がいても、しれっと浮気することも。浮気の場合はあくまでも遊びの関係で、こじれてきたらスパッと関係を清算するドライなタイプです。

【「恋人にフラれるほうが多い」波形ランキング】

「恋人にフラれやすい」性格が判明!?あなたはどっち?…【ディグラム・キハラ恋愛研究所 Vol.9】


◎男女ともに2位、U型3の性格は…
「恋人にフラれるほうが多い」波形では、男女ともにU型3の波形が第2位にランクイン。

このタイプは、情に厚く、気配り上手なお人よし。流されやすい性格で相手から猛烈にアプローチを受けた末に交際を始めることが多いと言われます。受け身な形で恋愛をスタートさせるため、パートナー次第では相手に振り回されることも。

このタイプの人は、優しく受け身な性格なので、自分から別れを切り出すことも少なくなり、結果的にフラれることが多くなるとも考えられそうですね。

木原誠太郎(ディグラム・ラボ所長)

「ディグラム・ラボ」代表。電通やミクシィでマーケティング部門を担当したのちに2013年に独立。心理学と統計学をもとにした性格診断ツール「ディグラム」は、1400万人のデータなどをもとに独自に開発されたプログラムで、これを用いたカウンセリングには、専門家からの評価も高い。最近では、テレビ出演や書籍の出版、企業とのコラボレーションなど幅広く活動を行っている。

■著書
・『1400万人の新ディグラム性格診断』(ポプラ社)
・『ディグラム性格診断〜本当の自分と相性をズバリ解明!』(ポプラ社)
・『焼き肉屋で最初にタンを注文する女は合コンでモテる!―ディグラム分析でわかる恋愛・結婚の法則』(朝日新聞出版)

■メディア出演
・『性格ミエル研究所』(フジテレビ系)
・『スッキリ!!』『有吉ゼミ』(日本テレビ系)
など

■新刊情報

『占いを科学する!!! 完全版 最強のエレメント占い』(主婦の友社刊)
『47都道府県格差』(幻冬舎新書)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.